コンプレックス解消!気になるほくろとサヨナラする方法

ほくろとがんについて

女性

ほくろとがんの関係

ほくろががんになる、という噂を聞いたことがある人も多いでしょう。これらは、皮膚がんと呼ばれています。悪性黒色腫(メラノーマ)と呼ばれる皮膚がんは、ほくろの細胞ががんへと発生することが多いとされています。メラノーマは白色人種に多く発症しますが、日本人の発症も少なくはありません。このがんの発症率は、60~70代で多く発生するとされていますが、最近は30~50代の男女が発生することもあるので注意が必要です。発生する部位の多くは、足の裏となっています。しかし、足の裏以外にも顔や腕など色々な部位に発生するので注意が必要です。メラノーマが発生する原因はまだ詳しく判明していません。ですが紫外線を受けやすい部位や、足の裏など外部からの刺激を多く受ける部位に多く発生しているので、これらが原因と関係しているのは明白です。

皮膚がん(メラノーマ)の見極め方

普通のほくろとメラノーマの見極め方を紹介します。メラノーマはほくろと違い、肌との境界線がわかりにくいのが特徴です。また、全体の色にムラがあったり、他のほくろより大きめのサイズであった場合は皮膚がんを疑いましょう。その他の見極め方として、メラノーマは1~2年に渡り大きさが変化します。大きさの変化が早ければ早いほど、皮膚がんの進行も早いという事なので要注意です。大きさ以外にも形や硬さ、色が変化するのもメラノーマの特徴です。少しでも違和感を関じたら、すぐに皮膚科や美容クリニックにて相談をしてみましょう。

Copyright© 2019 コンプレックス解消!気になるほくろとサヨナラする方法 All Rights Reserved.