コンプレックス解消!気になるほくろとサヨナラする方法

治療費と麻酔について

カウンセリング

ほくろの除去にかかる費用

ほくろ除去にかかる費用は、意外とお財布に優しくなっており5000円未満で行えることもあるようです。皮膚科や美容クリニックによっても違いますが、治療費の基準の多くはほくろの大きさと個数が関係しています。レーザー治療だと、1ミリ未満の小さなほくろは5000円程度、2~3ミリのほくろは1万円前後で除去を行えるところもあるようです。5ミリ以上の大きめのほくろだと3万円前後が相場となっています。また、薬が必要な場合は別途費用がかかることがあるので気を付けましょう。他にも初診料や診察料が必要となる場合がありますが、それらは2000円前後となっています。治療の際は、できるだけお財布に余裕を持って向かいましょう。また、ほくろ除去は保険が適用される場合と適用されない場合があります。適用できるかどうかの判断は、医師が行います。皮膚がんの可能性があるほくろの除去は保険が適用されますが、その他の美容目的の場合は適用されないと考えてよいでしょう。

除去時の麻酔について

レーザー治療の際は、麻酔を行うことはあまりないようです。切開を行う除去のほとんどは麻酔が必要となるので、ほくろ除去の麻酔について確認していきましょう。ほくろを除去する際の麻酔は、一般的に局所麻酔と呼ばれています。局所麻酔はほくろ除去部分に痛み止めの注射をする麻酔方法です。注射の際は少しチクッとしますが、除去中は麻酔の効果であまり過度な痛みを伴わないので安心して治療を受けることができますよ。

取る前に知りたいほくろとシミのこと

費用や痛みが気になる方は、ほくろについてもっと詳しく知っておくと安心です。ほくろとシミってなんだか似ているものがありますよね。小さくて丸いシミだと、ほくろにそっくりなので間違えちゃう人も多いと思います。ほくろは母斑細胞が集めってできたものですが、シミの原因も紫外線と関係しています。シミはメラニン色素が肌の表面に溜まってしまったもので、本来肌のターンオーバーとともに剥がれるのです。しかし、不規則な生活習慣や加齢が原因で、肌のターンオーバーが乱れてしまうとシミができてしまいます。このようにほくろとシミは違うものであるため、除去の方法も変わってきます。シミはレーザーでメラニン色素を薄くしたり、塗り薬や内服薬などで除去をします。ほくろかシミなのか見分けずらい場合、少し時間をおいて観察してみることをおすすめします。もしほくろであった場合、時間とともにだんだんと大きくなったり色が濃くなったりします。ほくろもシミも、予防には紫外線対策が大切なので日頃から対策を万全に行っておきましょう。

Copyright© 2019 コンプレックス解消!気になるほくろとサヨナラする方法 All Rights Reserved.