コンプレックス解消!気になるほくろとサヨナラする方法

除去後に注意すべきこと

医者

ほくろを除去した後に注意すること

ほくろを除去した後は、傷口を刺激しないこととケアが大切です。ほくろ除去の方法によっても変わってきますが、適切なケアで衛生管理を行いましょう。術後の傷口には、病院で処方されるテープを貼りましょう。テープを貼りかえるときにも注意が必要です。傷口の皮膚を一緒にはがしてしまったり、傷口を刺激したりしないように慎重に行いましょう。また、テープを外した後も除去部分をひっかいたり、こすったりしないように気を付けて下さいね。紫外線対策も万全に行いましょう。除去後、ほくろのない綺麗なお肌を手に入れるためにもケアは十分に行ってください。

ほくろの種類

ほくろにも色々な種類があります。そのため、一般的なほくろを3つ紹介していきます。まず、一番目立つのが盛り上がったほくろです。除去を考える人の多くは、この盛り上がったほくろが身体の目立つ部分にあるようです。この盛り上がったタイプのほくろは、レーザー治療か切開法で除去を行います。あまり大きいほくろだとレーザー治療ができないので、切開をして取り除きます。また、シミと似ていて特に盛り上がっていないものもあるでしょう。こちらはレーザー治療での除去が一般的なようです。このようなほくろは紫外線が原因であることが多いので、日頃から紫外線対策に気を付けましょう。その他、稀にある青色のほくろは青色母斑とよばれるほくろの一種です。このほくろは、皮膚の深いところにできているため、青く見えるとされています。青色母斑は、レーザー治療や切開で除去を行います。

美容外科や皮膚科の選び方

最近は、多くの美容外科や皮膚科がほくろ除去に対応しています。しかし、ほくろ除去といっても美容外科によって施術方法や料金設定、サービスもさまざま。できるだけ対応の良い、納得した料金設定のところで施術を受けられるようにしましょう。美容外科を選ぶときのポイントとして、まずは料金設定を確認してみましょう。料金はほくろによって変わってきますが、その美容外科のホームページを見れば大体の料金の目安はつきます。料金が高いところは、施術の腕はもちろん病院の内装が豪華であったり、接客対応がとても丁寧だったりすることが多いようです。しかし、料金が安いからと言って腕が悪いということや接客態度がよろしくないというわけではありません。予算を確認し、無理のない料金で施術を行ってもらえるようにしましょう。また、気になっている美容外科のサービスも事前にチェックしておくことをおすすめします。サービスは、アフターケアや施術前や施術時の対応などです。美容外科によっては、再発した場合の保証やアフターケアがしっかりしているところがあります。しかし、施術を行ったことがないのにそのクリニックのサービスのことは詳しくわからないですよね。そのため、実際に施術を行った人の口コミや体験談を参考にすることをおすすめします。行きたいクリニックが有名な場所である場合、口コミも豊富にあります。あまり有名なところでない場合も、複数の口コミがあれば参考にしておきましょう。ですが、口コミをすべて信じてしまうのはよくありません。ネットの口コミは誰でも気軽に書き込めるため、嘘の情報であることも多いのです。あくまでも参考に、どのようなサービスや対応のクリニックであったかを確認してみましょう。

Copyright© 2019 コンプレックス解消!気になるほくろとサヨナラする方法 All Rights Reserved.